HOME

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

カテゴリー「鉄道模型」の記事

2012年4月21日 (土)

Bトレイショーティーにハマる。

皆さん、こんにちは。 happy01

最近、ハマってしまったものについて報告…、なんと鉄道模型です。 coldsweats01

と言っても、精密模型と言えるHOゲージやNゲージではなく“Bトレ”と言われるデフォルメされたもの。車両の長さのみを短縮したもので、塗装済の組み立てキットです。もともと、このキットの存在は、相互リンクをさせていただいているtkinfoさんのHPなんですが、気になっていただけ…の状態でした。それが、ふとした衝動買いをきかっけとして、急速にハマリこんでしまいました。

子供の頃より鉄道が好きだったこともあり、ハマってしまう下地は出来上がっていたようなものです。coldsweats01
 

我が身近な鉄道と言えば、京成電鉄。小さい頃より慣れ親しんできた鉄道です。この模型を手に入れてコレクションしたくなったのでした。…いつもの病気が再発です…。 coldsweats01

子供の頃、慣れ親しんだ国鉄(JR)は、総武線のカナリヤ色や横須賀色。京成が唯一JR(国鉄)と接続していた日暮里駅では山手線のウグイス色や京浜東北線スカイブルー色、常磐線のエメラルドグリーン色などを見て楽しんでました。御茶ノ水駅からは中央線快速のオレンジ色、品川駅なんかに行けば東海道本線の湘南色も楽しみました。

P4200333
↑さて、私はちょっとヒネクレ者で、普通なら京成で言えばスイカライナー号などの特別特急電車に目が行くと思うのですが、個人的には引退間近の普通列車などが大好きです。

 画面右の2つが京成車両で2009年に京成電鉄100周年記念で限定発売されたものです。左端は2012年2月に発売されたものですが、発売と同時に売れ切れ店が続出で、近所のショップでは購入出来ず、手に入れるのに苦労しました。当然、金額も少し高めでゲット。鉄道マニアでは無いので、詳しい知識はありませんが、このボンネットの車両、昔から大好きでした。

 京成車両の方も、2009年に発売されたものなので、それなりの値段で購入しています。願わくば、発売されていない通称“青電”と言われる200形や2000形をキット化してほしいなぁ。bleah ちなみに現在走っている“青電”は塗装のみ再現されたもので、実際は3300形の車両に青電塗装をしたものはありませんでした。したがって、キット化されている“青電”にはあまり興味がありません。

 また、初のステンレス車だった3500形や2代目の3600形もキット化されないかな?

P4200336
↑まだ、完成していませんが、ほぼ完成の3300形。私の世代は、『京成』と言えばこの通称“赤電”と言われるこのツートンカラーが懐かしいです。キットでは更新後の現行車両のマスクと更新前の往年のマスクが挿入されており、選択できます。

 私は迷わず往年のマスクを選択。この丸味をおびた優しい表情が京成の魅力と感じます。

P4200340
↑こちらは、3200形。ちなみに京成車両は“〇〇系”とは言わず、“〇〇形”と言うようです。塗装は現行車両のもので、マスクも更新後のものです。多分…すでに全車両が引退したように思えます。このほか、豚鼻の3050形やドアーが肩開きの3100形など、懐かしい車両も発売されればなぁ…。

 ちなみに、この塗装色を採用する時に3つのパターンを試していました。結局青みのあるグレー色を採用しましたが、このほかグレー部分が薄い青色のタイプと薄い黄緑色のタイプがあったのを覚えています。

 この現行塗装色の前はファイヤーオレンジ色で、全身を朱色でまとっていました。今では懐かしい色となりましたが、個人的には余り好きになれない塗装でした。

P4200337
↑JR飯田線。レトロなマスクが魅力で購入。しかし、実車を見たことはありません。


P4200339
↑こちらはボンネット形を購入出来なかった時に悔しくて衝動買いをしてしまったL特急。前面は2つのマスクが選択でき、写真は初期の形式のもの。後日、後期仕様に変更予定です。この形式のものは色々と派生車が走っているようで、国鉄がJRになってから塗装色も多様になりましたが、私はやっぱり国鉄色がいいと思います。

 こちらもステッカー未装着なので、まだ完成していません。