HOME

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

カテゴリー「英戦艦 ロドネイ」の記事

2008年5月 5日 (月)

「ロドネイ」建造日記 2

皆さん、こんにちは。<(_ _)>

本日は、我が造船所、第一船台の建造報告です。

英海軍の艦艇は今回が始めての作成となり、やはり資料不足で追加工作は出来ない状態でしたが、最も苦労したのが塗装色です。英海軍も大戦中は迷彩塗装を行っていたのは有名な話ですが、米軍のものより複雑で多彩な色彩を使用しているので、実際製作となると腰が引けてしまいます。特にプリンス・オブ・ウェールズやネルソンの迷彩は有名ですが難しそう...。今回は戦前仕様のため迷彩はありませんが、それでも塗装色で悩みました。結局、現用艦艇の英海軍仕様色を使いましたが、米海軍のヘイズグレー色のようですね。ちょっと緑色が混じったようなヘイズグレー色と言ったところでしょうか。

さて、船体色はクリヤーしましたが、今度は艦載艇の塗装で悩みました。特に旧日本海軍でいうところの内火艇や長官艇の色彩が全く不明で。実艦の写真を見ましたが、中々船体色が分かりません。そこで、艦スペの作例とMG誌の作例のKGBのものを参考にしました。船体は青色とグレー色のツートンカラーに非常に魅力を感じたので、長官艇?も同様に塗装しました。こちらは上部構造物の色も不明でしたが、グレーで塗装すると映えなかったので白色で塗装し、煙突のみグレーで塗装しました。内火艇?は上部構造物が白色なので、こちらも白で塗装。こんな感じです。Dsc03184 coldsweats01

2008年4月24日 (木)

「ロドネイ」建造日記 1

皆さん、こんばんは。(^^ゞ

我が造船所の第一船台で建造中の「ロドネイ」、現在は艦載艇の塗装で悩んでいます。元々、英海軍艦艇の資料は少ないのですが、積極的に収集しているわけではないので、モデルアートの艦スペや世界の艦船の別冊のイギリス戦艦などに掲載しているものと見るしか方法がありません。インターネット検索も試みましたが、だめでした。(;_:)

仕方ないので、艦スペの英海軍戦艦特集号に掲載されている鶴岡氏の1/350「KGV」の作品とMG誌の2008年3月号のTakumi明春氏の1/700「KGV」の艦載艇を参考としました。どちらの作例も個人的に考証が正しいように思えます。細部は旧日本海軍の艦載艇の塗装に従いました。あくまで個人的な推測ですが、旧日本海軍の技術は英国より学んだ部分が多いので、艦載艇も同様と思ったからです。Dsc03149