HOME

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

カテゴリー「米重巡 CA-32ニューオリンズ」の記事

2008年8月 9日 (土)

「ニューオリンズCA-32」建造 2

皆さん、こんばんは。 <(_ _)>

我が第五船台にて建造中だった「CV-32」が本日無事に竣工しました。happy01

いやぁ~~、やはりピットロードの製品は建造が難しいと思います。完成後に製作過程での作業内容が”モロ”に反映していまいます。今回は後部マストと艦載機に泣かされました。艦載機は最近、クリアー成形が流行っていますが、私はクリアー成形は反対です。キャノピーを塗り残しするとリアル感が出るのはわかりますが、機体のほとんどの面積は塗りますし、綺麗にキャノピーのみ塗り残しをできる技量もないので、マイナス面のみです。まず、クリアー成形はプラの材質が硬く、成形が難しい。また、塗料も透明感の強いものだと、少し塗っただけでは透けてしまい、発色がイマイチ悪い。そんなこんなで、キット付属の水偵には四苦八苦しました。おまけになんとなく機体形状もイマイチで、ついでに付属デカールも大きすぎて使用できないことがわかり、ちょっと怒りがこみ上げてきました。泣く泣くデカールは他のものより調達。カタパルトに芋付けするのもなんですので、タミヤの旧日本海軍用の射出用台車を調達してごまかしました。米軍のものは形状が違うと思いますが、妥協です。(^^ゞDsc03326 船体のみでなく、艦載機にも配慮願いたいキット...と思います。Dsc03353

2008年4月24日 (木)

「ニューオリンズCA-32」建造 1

皆さん、こんばんは。

第五船台で建造中の「CA-32」、メジャー11で奮戦中です。

舷側塗装色のシーブルー色はネイビーブルー色より明度が高いのですが、甲板色のデッキブルー色との差が小さく、見た目には両方の色合いが近すぎて目立たないため、せっかく苦労して細かな色分けをしても、映えません。(>_<)Dsc03150