HOME

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー「宇宙戦艦ヤマト2199」の記事

2013年11月 2日 (土)

新作「ヤマト2199」DVD第6巻を見て!

 皆さん、こんにちは。 happy01

 本日は、ヤマト2199のブルーレイ第6巻を見ての感想を述べたいと思います。

 ちょっと話題としては旬が過ぎてしまったお題ですが、本シリーズは個人的に期待“大”であったドメル艦隊との対決シーンを収録しており、“わくわく”感が絶頂期に到達しての鑑賞でした。「ヤマト」というと“愛のドラマ”というのが一般的なんですが、私は人間関係よりも軍艦の戦闘シーンが大好きなので、小学生の頃に観た七色星団の海戦シーンをどのようにリメイクしてくれるのかに期待と不安を入交ての鑑賞だったのです。coldsweats01

 私は、好きな作品は最低でも二回鑑賞します。「ヤマト」は大好きなので、繰り返し鑑賞するのですが、第一回目の鑑賞では物足らない感じを受けてしまいました。なぜならば、あれだけ登場人物の個性も描かれていたドメル艦隊の人物たちがヤマトと対決するのですから、たった二話で決戦が完結するとは思わなかったからです。しかし、ストーリー的には海戦シーンのみの内容では無く、“森雪”の拉致、イルカンダル星の姫君、“ユリーシャ”の復活など、旧作では設定が無い新たなストーリー展開をしっかり盛り込んでいて、凄いなぁ…と驚きました。

 第二回目以降の鑑賞では、少し感想に変化が出てきました。製作側の本心を読み取りたくてこの第六巻だけでも十回以上鑑賞してしまいましたが、最初に思った物足らなさは私のわがままなんだなぁ…と感じました。様々な考えがありますが、もっとドメル将軍に活躍してほしかったのだと…悟ったのです。しかも、傘下のハイデルン、ゲットー、バーガー、クロイツなどの登場人物の戦い方をもっと詳しく描いてほしかった。coldsweats01 製作側の都合がわからない、わがままないいん分です・・・。

 さて、私が「ヤマト」でもっとも好きなメカ設定でも、大好きな三段空母が旧作では艦体色が異なるのみで登場していたのですが、新作では微妙に形状を異なり、堂々の登場。旧作では一機に爆沈する三隻の空母だったストーリーを、それぞれ時間差を置いての撃沈に変更してストーリーを複雑に展開させていました。旧作では艦載機の発進シーンが第二次世界大戦頃のモチーフで描かれているのが面白かったのですが、新作ではさすがに近代的なジェット機の発艦シーンのモチーフに変更されていたことにも、大きくうなずきました。

 また、製作側が悩んだといわれる「ドリルミサイル」も見事にリメイクされて登場。兵器のミサイルではなく、小惑星を爆破するための民間の器具を転用したという設定に変更されていて、製作側の苦労を感じるとともに、旧作のイメージを崩さない努力を個人的に大いに労いたいと思いました。wink

 この後、雪が拉致られた後に収容所となっている惑星に立ち寄り、ガミラス本星でデスラー総統と対面するなど、旧作にはない展開をしています。デスラーの心を描くとともに、新作でのキャラクターである“セレステラー”というガミラス高官の気持ちにも触れる作品となっていて、ガミラス側の人物の描き方が旧作より複雑化しているところは、素直に面白いと感じました。

Spb021024

2013年9月14日 (土)

新作「ヤマト2199」DVD第5巻を見て!

 皆さん、こんにちは。happy01

 久しぶりのヤマトDVDネタです。発売からだいぶ時が流れてしまい、すでに第6巻も発売され、TV放映は最終巻の内容に突入しています。coldsweats01

 したがって、ネタバレのコメントを心配する必要も無くなったので、気軽にコメントできます。

 この第5巻では第15話から第18話までを収録していますが、私がもっとも気に入ったのは第15話の「帰還限界点」です。なぜなら、戦闘シーンが満載だからです。ガミラス艦の機動性がふんだんに描かれており、ヤマト相手にドメル艦隊の電撃戦が繰り広げられます。

 この動きの良さは旧作では見られなかったもので、すぐに気に入ってしまいました。ドメラーズⅢ世とヤマトの一騎打ちも面白かったです。

 登場人物がガミラス側もヤマト側も旧作より多くなって、人間関係も複雑さが増しているので、ドラマの内容は深みが増していますが、ドメルやゲールなどは基本的に旧作のイメージを崩していません。ただ、新規に登場している人物は描き方が自由なので、新しさを感じることも多いです。

 第16話「未来への選択」では、ヤマト艦内でクルーの反乱がある話となっています。これは、“ヤマト計画”の前に設定された“いずも計画”という地球に近い環境の星へ移住するものなのですが、この計画を推進しているものの反乱を描いています。機関部員の藪は旧作でも反乱しますが、ここで内部反乱の一員となります。「新見」や「伊藤」という新規キャラもここで同様に反乱員となります。

 第17話「記憶の森から」は旧作のビーメラー星の話しを引用していますが、内容は全く違います。

 第18話「昏き光を超えて」はバラン星での戦闘になりますが、旧作とは違いガミラス側より描かれているため、ヤマトの行動が意外性に富み、沖田の奇策が映えて面白かったです。

Sp9140955

2013年3月19日 (火)

新作「ヤマト2199」DVD第4巻を見て!-追記-

 皆さん、こんばんは。 happy01

 「宇宙戦艦ヤマト2199」、4月よりTV放映されるようですね。人気が出ることを期待します!

 さて、購入した新作のブルーレイをじっくり見ています。bleah

 いろいろと言いたいけれど・・・、ネタ明かしとなってしまうので控えめに・・・。

 冒頭のガミラスと“パイプオルガン”がテーマ曲の艦隊との戦闘は、何回見てもしびれます。

 対ガミラスと戦闘する艦隊に、旧作では登場していない巡洋艦が新たに設定されていますが、これは旧作のミサイル艦を元に設定したものと言うことで、駆逐艦との整合性もいい雰囲気です。

 「森雪」を私は前回のコメントで宇宙人?といいましたが、どうも・・・違うように感じますね。結論は後ほど・・・ご期待でしょうか?

 旧作では嫌いだったドメラーズ3世の宇宙戦艦、今回のでデザイン設定では気に入りました。しかし、ガミラス艦の俊敏な動きには圧倒されます。巡洋戦艦という新たな艦種がかなり活躍していますが、デザイン的に旧作のメカとの釣合いも取れているところは、本当に脱帽ですね。

 Sp3250811

 

 

2013年3月12日 (火)

新作「ヤマト2199」DVD第4巻を見て!

皆さん、こんばんは。 happy01

久しぶりの所長日記ですが、今回もヤマト2199の話題となります。

ヤマト2199の最新作Vol.4を購入して鑑賞しました。凄い!よく考えられています。旧作のイメージを壊さない程度に新しいストーリーとなっていて、本当に絶賛です。

しかも、旧作では登場人物同士の関係があまり描かれていなかったのですが、この作品では重圧に描かれていて面白いです。メカも多種類となり、見ごたえも十分。

今回登場する次元潜航艇は、ヤマト3で登場するもの。ストーリー冒頭で登場するガミラスの敵艦隊は“さらば”で登場するパイプオルガンのテーマソングで有名なもの、古代の変わりに戦術長をするのは“新たな旅立ち”に登場する人物など・・・、旧作を知っている人からすると面白い部分も沢山あります。wink

気になるのは、バンダイのプラモデル発売で、1/1000シリーズにてどこまで登場メカを再現するのか・・・ですかね。第1章で登場したヒトデ型の高速空母は発売予告がされました。今後、旧作で言うところのシュルツ艦やドメラーズⅢ世なども発売されるのかな?ドメラーズⅢ世は巨大すぎて無理かな?せめて、三段空母くらいは発売してほしいですね。

Sp3250812

2012年11月28日 (水)

新作「ヤマト2199」DVD第3巻を見て!

皆さん、こんにちは。happy01

「宇宙戦艦ヤマト2199」、やっと3巻目を購入しました。結構購入金額が高いので・・・大変です。weep

少しネタバレさせるかも知れませんが、この程度なら良いと思いますので、感想を言いますね。

このドラマ、本当によく出来ています。旧作のイメージを持たせつつ、新しい要素をふんだんに取り入れています。このあたりが感動もの。

旧作のメインシーンもそのまま残っており、面白い。デスラーがコメントする「ガミラスに下品な・・・」や佐渡先生がコメントする「こらー、艦長を殺すきか~!」の名場面もあります。bleah

関心するのは登場人物の多さとそれらの人々の関係を深く描いていること。これはヤマト側だけでなく、ガミラス側に対しても言える事です。

旧作では複数の作品に登場していたタラン将軍も旧作の「さらば宇宙戦艦ヤマト」と「ヤマト2」で設定が変わった事を取り上げて兄弟としてそれぞれ登場させています。

私は1巻目を観たときから思ったのですが、森雪は地球人?という疑問が3巻目で深く描かれており、自分的には謎が解けました。それは観てのお楽しみですね・・・。

エンディングの「真っ赤なスカーフ」、懐かしくて涙が出ます。

今回は旧作でいうところのアストロイドベルト、アルファー星の炎、デスラー機雷、金属腐食ガス、アナライザーを主役とした話(ビーメラー星での話)、サルガッソなどで、アストロイドベルトやデスラー機雷やビーメラー星の宇宙人は現実味が薄い?ためか登場しません。

今後、4巻目ではドメル将軍が登場。登場シーンでは、あの有名な宇宙艦隊と対決シーンが描かれているとの事。私はすぐにその宇宙艦隊がわかりましたが、なんとも面白い設定ですね。

Spb280635

2012年6月 1日 (金)

宇宙戦艦ヤマト2199

皆さん、こんばんは。 happy01

 本日は、宇宙戦艦ヤマトの話題です。

 最近、宇宙戦艦ヤマトの名作として名高い第1回目の作品がリメイクされて放映されました。

 私は、無料動画の10分間配信で観たのですが、このシーンが冥王星海戦だったこともあり、戦闘シーンのかっこよさに惚れ込んでしまいました…。結果、即ハマりましてDVDを購入した次第です。coldsweats01

 なんと言っても敵艦船と地球艦隊の戦闘シーンが良かった。旧作ではあまり動きが感じられない海戦シーンですが、リメイク版では丁寧な戦闘シーンの描写となっています。旧作の沖田艦が巡洋艦でなく戦艦キリシマ、そのほかイソカゼ、アブクマ、シマカゼなど日本名の宇宙艦が登場します。旧作では駆逐艦と巡洋艦のみでしたが、新作では戦艦、巡洋艦、駆逐艦の3種になっているところも見どころです。対するガミラス艦隊も、旧作のシュルツ艦が超弩級戦艦、駆逐型デストロイヤー艦が戦艦、高速巡航型クルーザーが巡洋艦、旧型では設定されていなかった艦が駆逐艦となっているようです。

 登場人物は、現代風にアレンジされていて、作画的にはあまり興味を引かれなかったのですが、沖田艦長(初代)、土方艦長(2代)、山南艦長(3代)が一緒に登場していて、面白い設定です。戦闘機乗りの山本は戦死した設定で、妹が登場しています。また、真田技師長が副長も兼ねており、旧作では同時に登場しなかった徳川機関長(初代)、山崎機関長(2代)、徳川太助(3代機関長)なども登場しています。スターシャの妹はサーシャという名前ではありません。
 個人的には沖田と土方の親友関係が最も面白く感じました。

 今後が楽しみですね。wink

P5310387