HOME

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ヤマシタホビー特Ⅲ型駆逐艦「電1944・響1945」について | トップページ | ハセガワの1/700駆逐艦「朝霜」キットについて »

2018年5月15日 (火)

ヤマシタホビー「綾波」R版

皆さん、こんにちは。happy01
…10か月ぶりの更新です...。coldsweats01
 さて、先日、特型駆逐艦を精力的に発売しているヤマシタホビーから特Ⅱ型のネームシップ「綾波」が再発売されました。
 このキット、単なる再販ではありません。前回発売されたキットが実艦と異なる部分があったため、新たに開発したパーツを追加したリニューアルキットです。このため、品番もNV-3Rと“R”という文字が入っています。
 では、何を追加したのかと言うと、以前に発売したキットでは艦橋前部の形状が「綾波」ではなく、「朝霧」以降「狭霧」までの霧クラスのものだったため、「綾波」と「敷波」やⅡ型後期の「朧」以降の艦が作れるように、新たに艦橋パーツを開発し追加したものです。
 このように特Ⅱ型は建造時期により多少の形状変化がみられ、大きく分けると3つのタイプに分かれるようで、「綾波」と「敷波」は前期タイプ、「朝霧」~「狭霧」は中期タイプ、「朧」~「潮」までは後期タイプに分類できるようです。
 また、煙突は性能改善工事により短縮されたものがもともと付属されていたのですが、性能改善工事前の丈が長いものを新たに付属し、年代変化によるバリエーションに対応できるようにしています。煙突の長さは厳密にいうと特型駆逐艦の各艦で違いがみられるようですが、大戦突入時には特Ⅰ及びⅡ型(後期艦を除く)すべてが短縮していたようです。但し、特Ⅱ型後期艦はもともと丈の短い煙突だったので、短縮工事はされていません。
 最近、書籍の購入を控えていたのですが、「真・総ざらい① 特型駆逐艦編」を購入し、熟読してみると色々と新たなことがわかります。しかし、この本によると大戦特入時は特Ⅱ型前期及び中期艦の煙突は丈が長いことになっています。これは、現在確認される資料によると煙突の短縮工事後の解析できるレベルの写真が存在しないことにより、断定できないことからのようですね。
 今後、Ⅱ型後期艦の「潮」の対空装備強化型が発売予定であり、待ち遠しい限り...。wink
 また、“睦月型”のキットを開発中なので楽しみであります。…欲を言えば、“峯風型”や“神風型”のキット開発も行われることを願いたいですね。smile
Sp5151568

« ヤマシタホビー特Ⅲ型駆逐艦「電1944・響1945」について | トップページ | ハセガワの1/700駆逐艦「朝霜」キットについて »

新製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148235/66721739

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマシタホビー「綾波」R版:

« ヤマシタホビー特Ⅲ型駆逐艦「電1944・響1945」について | トップページ | ハセガワの1/700駆逐艦「朝霜」キットについて »