HOME

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 新作「ヤマト2199」DVD第4巻を見て!-追記- | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト-復活編-(ディレクターカット)を観て! »

2013年9月14日 (土)

新作「ヤマト2199」DVD第5巻を見て!

 皆さん、こんにちは。happy01

 久しぶりのヤマトDVDネタです。発売からだいぶ時が流れてしまい、すでに第6巻も発売され、TV放映は最終巻の内容に突入しています。coldsweats01

 したがって、ネタバレのコメントを心配する必要も無くなったので、気軽にコメントできます。

 この第5巻では第15話から第18話までを収録していますが、私がもっとも気に入ったのは第15話の「帰還限界点」です。なぜなら、戦闘シーンが満載だからです。ガミラス艦の機動性がふんだんに描かれており、ヤマト相手にドメル艦隊の電撃戦が繰り広げられます。

 この動きの良さは旧作では見られなかったもので、すぐに気に入ってしまいました。ドメラーズⅢ世とヤマトの一騎打ちも面白かったです。

 登場人物がガミラス側もヤマト側も旧作より多くなって、人間関係も複雑さが増しているので、ドラマの内容は深みが増していますが、ドメルやゲールなどは基本的に旧作のイメージを崩していません。ただ、新規に登場している人物は描き方が自由なので、新しさを感じることも多いです。

 第16話「未来への選択」では、ヤマト艦内でクルーの反乱がある話となっています。これは、“ヤマト計画”の前に設定された“いずも計画”という地球に近い環境の星へ移住するものなのですが、この計画を推進しているものの反乱を描いています。機関部員の藪は旧作でも反乱しますが、ここで内部反乱の一員となります。「新見」や「伊藤」という新規キャラもここで同様に反乱員となります。

 第17話「記憶の森から」は旧作のビーメラー星の話しを引用していますが、内容は全く違います。

 第18話「昏き光を超えて」はバラン星での戦闘になりますが、旧作とは違いガミラス側より描かれているため、ヤマトの行動が意外性に富み、沖田の奇策が映えて面白かったです。

Sp9140955

« 新作「ヤマト2199」DVD第4巻を見て!-追記- | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト-復活編-(ディレクターカット)を観て! »

宇宙戦艦ヤマト2199」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148235/58189801

この記事へのトラックバック一覧です: 新作「ヤマト2199」DVD第5巻を見て!:

« 新作「ヤマト2199」DVD第4巻を見て!-追記- | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト-復活編-(ディレクターカット)を観て! »