HOME

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー「2010全日本模型ホビーショー」の記事

2010年10月17日 (日)

2010全日本模型ホビーショー Ⅶ

番外編としてバンダイのブースを紹介します。

ブースの作りが不満でした。水族館と同じで人だかりができると見れない構造。もう少し立体的なブースにして欲しいです。bearing

お目当ては宇宙戦艦ヤマトの1/500新キット。個人的な印象としては何だか慣れ親しんできたヤマトと違う感じを受けました。微妙な感じ。coldsweats01

‥でも欲しいなぁ。

Bandai_01 Bandai_02 Bandai_03 Bandai_04 Bandai_05Bandai_06 

2010全日本模型ホビーショー Ⅵ

その他のブース。

先ずは、ファインモールド。1/350「綾波」は、まだ開発中。やはり、零細企業では開発に多大な時間がかかるようです。それだけ、良い製品ができるものと期待しましょう。bleah

Dsc04467 Dsc04468 Dsc04469

続いて、プラッツのブース。製品はホビーボイス(ドラゴン)。1/700は個人的に米原子力巡洋艦「ロングビーチ」に期待。すでに発売済みの英海軍艦艇も展示していました。1/350はインディペンデンス級空母の製品化。1/700は元々はピットロードの製品を持っていますが、何れリニューアルされるかな?

Dsc04382_2

Dsc04429_2

Dsc04381

Dsc04384 Dsc04383 Dsc04386

Dsc04385

Dsc04388 Dsc04478

↓DOYUSHAのブース。世界の潜水艦。1/700というところがポイント。

Dsc04470Dsc04471 Dsc04472 

ウォーターラインシリーズの静岡模型協同組合のブース。シリーズが集う光景は圧巻です。情景用のペーパークラフトも密か?にアピール。

Dsc04421 Dsc04422 Dsc04423 Dsc04424 Dsc04493 Dsc04491 Dsc04492

2010全日本模型ホビーショー Ⅴ

昨日に続き、ホビーショーネタをお送りします。happy01

ピットロードのブース。

ピットロードはめぼしいものがありません。地味ですが、1/700は海上保安庁巡視艇と海上自衛隊の護衛艦、ビックリしたのは仮装巡洋艦の「愛国丸」。レジンが好評のキットなので、何れプラキット化されるものと思っていましたが、驚きました。coldsweats01

あとは、米軍の高速戦闘支援艦。地味なアイテムですが貴重なものです。1/350では潜水艦とイージス艦「あたご」となっています。

Pitrado_01 Pitrado_02 Pitrado_05

↑展示品はレジンキットです。

Pitrado_03

↑最も期待していたのですが、パネル展示のみ。weep

Pitrado_04Pitrado_06 Pitrado_07

↑邦画、「海猿3」とタイアップした商品。中国製です。

Pitrado_08 Pitrado_09

↑こちらは既存キットのバリエーション。追加パーツにより、最近の派遣時を再現しています。

Pitrado_10 Pitrado_11 Pitrado_12 Pitrado_13

↑1/350は、魅力を感じず…。

Pitrado_14

↑エッチングパーツでおなじみのライオンロアの製品も展示されていました。

 

2010年10月16日 (土)

2010全日本模型ホビーショー Ⅳ

  フジミのブース。

Fujimi_01 Fujimi_02 Fujimi_03 Fujimi_04

↑1/350「扶桑」は、初のキット化アイテム。展示していたものを見る限り、並みの仕上がりと感じました。タミヤの「利根」と比べると、シャープさに欠ける感じがします。

Fujimi_05Fujimi_06 Fujimi_07

↑空母「大鳳」。タミヤのキットから、どのように進化するのか?期待したいです。但し、個人的には飛行甲板表面は木張りと考えていますが、ラテックス張り?のようですね。

Fujimi_08 Fujimi_09

↑戦艦の「伊勢」はハセガワのキットも十分評価が高いのですが、航空戦艦の「伊勢」では不評です。この部分を突いてのキット化? 喜んだ人も多いのでは?個人的には艦橋の形状を重視します。ハセガワのものは少し疑問?です。

Fujimi_10 Fujimi_11

↑1/700「翔鶴」。タミヤの翔鶴型が不評なので、待ち望んでいた人が多いと思います。

Fujimi_12

↑1/700の「筑摩」。ブースの角で凄く見づらい位置。

Fujimi_13Fujimi_14

↑トランペッター  の「BB-39アリゾナ」。フジミのブースで展示ということは、代理店がフジミ?

2010全日本模型ホビーショー Ⅲ

アオシマのブース。

艦船模型では1/350や1/700をコンスタントに開発しています。面白いところではマグロ漁船。中々楽しめました。注目はやはり“初春型駆逐艦”。

Aoshima_01 Aoshima_02 Aoshima_03 Aoshima_04 Aoshima_05

↑[初春」と「子の日」の違いは羅針艦橋下部のパーツで再現するようです。こんなところが違っているなんて知りませんでした。coldsweats01

Aoshima_06 Aoshima_07 Aoshima_08 Aoshima_09

↑戦艦「長門」は終戦直前の1945年仕様。フルハル仕様のみなのが不満。ウォーターラインシリーズでも発売してほしい。

Aoshima_10 Aoshima_11Aoshima_12

↑こちらもフルハル仕様の「扶桑1938」。旧キットの船体にモールドされていた艦載機の運搬軌条と第三砲塔上のカタパルトを再現。艦橋トップは防空指揮所が無い状態です。この製品は是非洋上モデルも発売してほしいです。

  Aoshima_13Aoshima_14 Aoshima_15Aoshima_16

↑護衛艦「ひゅうが」は甲板パーツが透明となり、格納庫が見えるようになります。また、改装前後の違いも新規パーツ化によって対応しています。こちらを買えば良かったなぁ…。

Aoshima_17 Aoshima_18 Aoshima_19 Aoshima_20

↑“特四式内火艇”という水陸両用車を搭載した潜水艦なんてあったんですね‥。coldsweats02

1/350シリーズでの発売です。

Aoshima_21 Aoshima_22 Aoshima_23

Aoshima_24

↑こちらも地味なアイテムの1/350。魚雷艇のキット化。「扶桑」や「山城」と戦ったものです。

Aoshima_25 Aoshima_26 Aoshima_27 Aoshima_28

↑こちらは、アオシマらしいアイテム選択のキット。遊び心満載のもの。   

2010全日本模型ホビーショー Ⅱ

ハセガワのブース。1/350のカサブランカ級米護衛空母「CVE-73ガンビアベイ」。

Dsc04370 Dsc04371Hasegawa_04Hasegawa_12

  Dsc04372

↑迫力のポスター入り。

Dsc04373 Dsc04369

↑今回もハセガワ風…、エッチングや木製甲板などのディティールアップ商品が満載。

Dsc04379Dsc04377 Dsc04374

↑レイテ沖海戦の中で、日本の栗田艦隊が「ガンビアベイ」を砲撃した事実“サマール島沖海戦”を説明したパネルを展示していました。 

2010全日本模型ホビーショー Ⅰ

皆さん、こんにちは。happy01

本日と明日の2日間、千葉幕張メッセ9ホールにて、第50回目の全国ホビーショー(旧名:プラモデル・ラジコンショー)が開催されています。 早速行って来ましたので、レビューします。

Dsc04365

↑画面の手前はラジコン関係ブース。奥がプラモデル関係ブースです。

先ずは、タミヤのブース。艦船模型は1/350の重巡「利根」のみ。1/350スケールの生みの親であるタミヤならではの好印象のキットでした。このキット、是非オススメです。wink

主砲塔のモールドとカタパルトのモールドなど、プラ製品では限界?的な表現でびっくりです。

1/700も開発してくれないかなぁ…。despair

Tamiya_03

Tamiya_01

↑シリーズではお馴染みとなったフルハルと洋上模型を選択可能。

Tamiya_02

↑全体像、左舷側前方より。

Tamiya_04 Tamiya_05 Tamiya_06 Tamiya_07

↑各部、アップ画像。どうですか、凄いでしょう…。

Tamiya_08 Tamiya_09

↑こちらは1/350のペーパークラフト製クレーン。ジオラマ製品も企画中?