HOME

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2018年6月16日 (土)

ハセガワの1/700駆逐艦「朝霜」キットについて

皆さん、こんばんは。happy01

 本日は、ハセガワより発売された夕雲型駆逐艦「朝霜」についてです。wink

 ウォーターラインシリーズを構成するハセガワより、駆逐艦のリニューアルが行われたのは2017年の6月。シリーズにおいてハセガワが初めて駆逐艦を発売したのが、1971年の夕雲型駆逐艦「夕雲」で、発売当時はシリーズ№27でした。つまり、27番目に発売されたシリーズキットということになります。その後、シリーズを構成していたフジミが静岡模型協同組合より脱退したことにより、シリーズからフジミ製キットが抜ける事態となり、シリーズナンバーの改定が行われました。この改定により駆逐艦は400番台のナンバーを与えられ、「夕雲」は№410として最近まで発売されてきました。このキットが昨年の2017年についにリニューアル発売されることになり、6月にネームシップ「夕雲」が、同型艦の「早波」が7月に発売されました。実に、46年目のリニューアルでした...。coldsweats01

 そして、今年の2018年に入り、夕雲型の「朝霜」がリニューアル製品として発売されました。シリーズにおける夕雲型駆逐艦は本来「夕雲」、「早波」、「秋霜」の3隻が大戦前期仕様としてパーツ形状がすべて同一の箱替えキットとして発売されていましたが、2006年に大戦後期仕様の「朝霜」が突如発売されます。これは、シリーズの企画商品で沖縄特攻作戦時の艦隊を発売するため、無理やり開発されたようなキットでした。この「朝霜」の発売を受け、夕雲型駆逐艦はシリーズにおいて4隻が発売されていましたが、今回のリニューアルに伴い、駆逐艦が大戦時期により対空兵装強化をおこなって艦容が変化することを楽しむため、大戦における仕様時期を段階的に整理したようで、「夕雲」を大戦前期仕様、「早波」を大戦前期から中期までの仕様として発売し、「朝霜」は大戦後期仕様で発売しています。「秋霜」が未発売となっていますが、「秋霜」は大戦中期に戦没していることや、夕雲型は後部砲塔の撤去が無かったため、艦容の変化が小さいことなどを考慮すると個人的にはシリーズから抜ける可能性が高いと思っています。weep

Sp6141574_2
↑ 今回発売された「朝霜」。夕雲型駆逐艦の後期竣工艦であり、一番最後に沈んだ艦でもあります。当然ながら、夕雲型の後期仕様で発売するには最適な艦です。夕雲型駆逐艦のアイテムとしては、個人的に嬉しい艦です。smile

 BOXアートは、加藤単駆郎氏によるもの。ハセガワのウォーターラインシリーズのリニューアル製品では、近年すべての製品で同氏の作品となっていて、とにかくカッコいいものです。戦闘艦艇の重圧感を感じさせる、頼もしい画風です。今回の「朝霜」は遠景に戦艦「大和」が描かれており、沖縄特攻作戦時を描いたものであることがわかります。  「朝霜」は艦隊とともに出航し、沖縄を目指して南下しましたが、艦隊が米空母艦載機と戦闘態勢に入る前に機関の故障により艦隊から没落、単艦で航行中に米空母艦載機の集中攻撃を受けて沈没したと推測されています。crying

 艦隊が出航前に機雷により損傷して艦隊より除隊された特Ⅲ型の「響」といい、この「朝霜」といい、「大和」の護衛任務が出来なかったことはさぞかし無念だったと思います。

2018年5月15日 (火)

ヤマシタホビー「綾波」R版

皆さん、こんにちは。happy01
…10か月ぶりの更新です...。coldsweats01
 さて、先日、特型駆逐艦を精力的に発売しているヤマシタホビーから特Ⅱ型のネームシップ「綾波」が再発売されました。
 このキット、単なる再販ではありません。前回発売されたキットが実艦と異なる部分があったため、新たに開発したパーツを追加したリニューアルキットです。このため、品番もNV-3Rと“R”という文字が入っています。
 では、何を追加したのかと言うと、以前に発売したキットでは艦橋前部の形状が「綾波」ではなく、「朝霧」以降「狭霧」までの霧クラスのものだったため、「綾波」と「敷波」やⅡ型後期の「朧」以降の艦が作れるように、新たに艦橋パーツを開発し追加したものです。
 このように特Ⅱ型は建造時期により多少の形状変化がみられ、大きく分けると3つのタイプに分かれるようで、「綾波」と「敷波」は前期タイプ、「朝霧」~「狭霧」は中期タイプ、「朧」~「潮」までは後期タイプに分類できるようです。
 また、煙突は性能改善工事により短縮されたものがもともと付属されていたのですが、性能改善工事前の丈が長いものを新たに付属し、年代変化によるバリエーションに対応できるようにしています。煙突の長さは厳密にいうと特型駆逐艦の各艦で違いがみられるようですが、大戦突入時には特Ⅰ及びⅡ型(後期艦を除く)すべてが短縮していたようです。但し、特Ⅱ型後期艦はもともと丈の短い煙突だったので、短縮工事はされていません。
 最近、書籍の購入を控えていたのですが、「真・総ざらい① 特型駆逐艦編」を購入し、熟読してみると色々と新たなことがわかります。しかし、この本によると大戦特入時は特Ⅱ型前期及び中期艦の煙突は丈が長いことになっています。これは、現在確認される資料によると煙突の短縮工事後の解析できるレベルの写真が存在しないことにより、断定できないことからのようですね。
 今後、Ⅱ型後期艦の「潮」の対空装備強化型が発売予定であり、待ち遠しい限り...。wink
 また、“睦月型”のキットを開発中なので楽しみであります。…欲を言えば、“峯風型”や“神風型”のキット開発も行われることを願いたいですね。smile
Sp5151568

2017年7月18日 (火)

ヤマシタホビー特Ⅲ型駆逐艦「電1944・響1945」について

皆さん、こんにちは。happy01
 
 この都度、やっとヤマシタホビーの新製品「電1944・響1945」の選択式キットを購入しました。
 
 ヤマシタの特型駆逐艦も対空兵装強化仕様へのバリエーション展開に突入です。
キット開発では、もともと「響」の最終仕様としていたことから、パーツをすべて取り付けると「響1945」となるようで、一部を省略し、三連装機銃を二連装にすることで「電1944」となるようになっています。
Sp7181392
 元々、特型の大戦中の武装変化に興味があったので、個人的に調べてみました...。結果、キットの仕様とは違う結論となりました。
 
 手持ち資料によると、1944年の「電」は僚艦「響」と一緒に呉工廠にて整備工事を受けており、この時「響」は艦橋前の13㎜連装機銃を25㎜連装機銃に変換、また機銃座両舷に25㎜単装機銃を1基ずつ増備しています。後部は二番および三番魚雷発射管上部に機銃座を設け、ここに25㎜三連装機銃2基を増備、二番砲塔を撤去して三連装機銃2基を増備しています。これは、単装機銃の位置を除けはキットの「響」の1945年仕様と合います。手持ちの資料では後部煙突の13㎜連装機銃がそのまま装備されているのか、撤去されたのかがわかりませんでしたが、「響」の1945年時では25㎜単装機銃へ換装されています。
 
 私が調べた本は学研の歴史群像太平洋戦史シリーズVol.70「-完全版-特型駆逐艦」で、記事は田村俊夫氏のものです。
 田村氏の調査では、特型駆逐艦は個艦により機銃装備が異なっていて、一概にⅠ型だから...とかⅡ型はこうするなどという枠組みが取れない状態となっています。沈没時が大戦後半でも対空兵装強化があまりされていない艦もあれば、比較的早い時期に対空兵装を強化している艦もあるのです。但し、第六駆逐隊の「響」と「電」は同時期に呉工廠に入渠し、整備されたので、改装工事は同じものと考えるのが普通です。
 …まぁ、最新の考証は知らないので、開発者がこの記事より新しい考証に基づいてキット化していれば、私の言っていることは間違いとなりますけれど...。
 …ということで、こだわりの製品を発売してくれるヤマシタホビーに感謝しつつ、今後もたくさんのバリエーションキットを発売してほしいです。必ず買いますからねぇ~。

2017年6月29日 (木)

ハセガワの1/700駆逐艦「夕雲」キットについて

皆さん、こんばんは。happy01
約3年ぶりの更新です...。coldsweats01
本日は、やっとこ完全リニューアルしたウォーターラインシリーズ、ハセガワの駆逐艦「夕雲」についてです。
このキット、最初に発売されたのが1971年、今年は2017年ですので46年ぶりの完全リニューアルキットになります。46年という歳月は、異常なまでに長いと思いますが、これほどリニューアルが遅れるのも、プラモデルが売れない昨今の事情がかなり影響しているものと推察します。特に、1/700駆逐艦となると単価が低い分、儲けにならないのかなぁ…、ハセガワやタミヤが中々リニューアルを行わなかった理由も儲けが低いためと思われます。
…何はともあれ、やっとリニューアルしてもらった新キット、有難く購入させていただきました。
 
Sp6291369
↑ BOXアートは加藤単駆郎氏のもの。ハセガワは、古鷹型と青葉型重巡の新キットBOXアートでシクジッテ売り上げが低迷したことによる反省からか?ウォーターラインシリーズは加藤氏のBOXアートによる展開をしています。
加藤氏のアートは、リアルでカッコいいのが特徴です。「夕雲」も夕方の海面を疾走して、今にも箱から飛び出してくるような迫力ある「夕雲」を描いています。
 
Sp6291370
↑ 箱は、シリーズの駆逐艦旧キットでお馴染みのキャラメル箱から、上下に開閉する箱に変わりました。大きさ的には旧キットの軽巡クラスの外箱です。
ハセガワのキットはパーツがすべてひとまとめになって袋詰めされているのが特徴で、空母「赤城」や軽巡天龍型でも同様でした。
残念なのが、錘が付属してないことです。価格を低めにするためか?省かれています。
 

2014年6月18日 (水)

IGステッカー購入!

 皆さん、こんばんは。 happy01

 久しぶりの所長日記です。coldsweats01

 
 先日…といってもずいぶん前になりますが…、我が家のお犬様“詠”と同犬種のブログをたま~に見るのですが、千葉県立青葉の森公園のドックランで数回会った「イタグレ“そら”君」のブログを拝見していて、かっこいいステッカーを車に貼っていたのが気になりまして…coldsweats01、早速検索すると、同じものがわかりました。

 それで、即購入…、いい加減な性格の私は、購入先のホームページに説明書きがあった、ステッカーの貼り方も頭に入れずに愛車のリアガラスに貼ったところ、貼り方が悪くて失敗してしまいました。crying

 そこそこのお値段がするので、だいぶ凹み…、かみさんからは叱られ…、テンションはdownwardrightでしたが、気を取り直して再注文をしました。失敗したのは一番大切な犬のシルエット部分のみだったのですが、貼る時に霧吹きで貼る面を濡らすのがコツ。こうすると、貼り直しができるのです。

再注文の際には、また失敗するのを恐れて、余分に注文。しかも、色を白のみでなく、水色のものまで注文したので余分な出費がかさんでしまいました。weep

Photo


 ちなみに画面左下のものは、ステッカー販売元の宣伝。真ん中の上段はイタグレの名前、実は、紹介しているイタグレ“詠<エイ>”の他にもう一頭“秋<シュウ>”を飼ってます。紹介は何れ…。dog

«イタグレ「詠」の近況報告 6